音楽

EDDIE "TAN TAN" THORNTON

WIN OR LOSE? vol,12 」まで後1ヶ月ちょっと

Wol12a2

という事で今回のスペシャルゲストについて書かせてもらおうかと♪

ジャマイカン・ミュージックのトランペッターと言えばこの人
「エディ・ソーントン」


タンタンのニックネームで世界中の人々に親しまれ続ける天才トランペッター。



ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、ブルー・フレイムス(ジョージー・フェイム)、ジミ・ヘンドリックス、ロッド・スチュワート、アスワドといった錚々たる面々が演奏の依頼をしてきたということからも、彼の偉大さがわかるはず。


ジャマイカ生まれの彼は、スカタライツを輩出した事で知られるアルファ・スクールで学ぶ。ドン・ドラモンドやトミィ・マクックらは同期。自身名義としてのアルバムは数枚だが、関わったセッションは星の数に匹敵する。


最近では、スカ・クバーノやトロージャンズの1員として精力的に活動中であり、正に生きる伝説である。


文章のみだと今一つ解りませんよね。
映像を織り交ぜて、書いてみましょう♪

まずは
eddie thornton outfit - baby be my girl (instant, 1969)

1969年、今から40年以上前の音
良いモノは何年経っても色あせない。
この頃すでにタンタンの音って確立されてますね〜
錚々たる面々が演奏の依頼の理由も納得!

お次は続けて2つ タンタンとスカイクルの共作
これがまたカッコいいんですよね〜!
EDDIE "TAN TAN" THORNTON smoking horns


EDDIE "TAN TAN" THORNTON & SKYCRU the line up

意外? キティ・デイジー&ルイスという
ロカビリー・バンドも手伝っています。
Kitty , Daisy & Lewis - Lucky Seven ( Ska ) Madrid 26-Nov-2009

Tan Tan with Kitty, Daisy & Lewis Live Ska Number

コチラは豪華! 名だたるプレーヤー勢揃い!!
skaravan super jam session @ effra pub

そして クール・ワイズ・マンと共に果したオーストラリア・ツアーの際、
アルバム「East Meets West」が生まれました。

時代やジャンルを象徴するアーティスト達と数多く競演し絶賛されてきた
ジャマイカン・レジェンドの1人、Eddie "Tan Tan" Thornton
以前、Riddim でも紹介されております。
http://www.overheat.com/riddim/issues/no/308/eddie_tan_tan_thornton/
その中に 今後の予定は? という問いに対しての一文に
「クール・ワイズ・メンに全部の力を注げたらいいな。」
世界が認めたタンタン、世界を観て来たタンタン
クール・ワイズ・メンとの共演が楽しみで当然ですよね♪

今年で78歳、まだまだ現役の生きるレジェンド
ある意味、化物? 恐ろしくハッピーで元気です!

チケット好評発売中!!

グリーンハウス岡山店 / 岡山市問屋町27-106「086-245-8451」  
グリーンハウス倉敷店 / 倉敷市鶴形1-3-7「086-421-3108」  
レコード屋倉敷店 / 倉敷市平田333-4 SLOW 1F「086-423-0510」 
BAR Dooby / 倉敷市阿知3-22-7 倉ビル1F 「086-424-0043 」
Four Collection / 倉敷市 二日市376-5「086-427-9669」
創作居酒屋MAZUME / 津山市二階町7-2二階町ビル「0868-22-8280」
REDBOX. / 倉敷市老松町5丁目1-15 2F「086-421-3929」
HEADS OR TAILS? / 倉敷市鶴形1-3-1 井上ビル1F「086-426-0699」

ローソンチケット

(Lコード:69655) http://l-tike.com/


問合せ先


HEADS OR TAILS? TEL 086-426-0699

http://www.heads-or-tails2004.com/

REDBOX TEL 086-421-3929

http://www.http://www.studio-redbox.com/

ちなにみ
COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON TOUR
倉敷REDBOX、大阪クワトロ、渋谷クワトロの3公演となります。

共に倉敷の地で伝説を作りましょうか♪
10月11日(月、祝)お見逃し無く!!

| | コメント (2)

WIN OR LOSE? vol,12 開催決定!

本日、7月3日は波の日。
時の移り変わりは激しいのもで、気を抜くと大波にさらわれます。
今、何をするべきか?を考え、捉えて時代の波に流される事なく進みたい
ものです。


まだまだ、先ですが秋に大きく、強く、たくましい波が倉敷に押し寄せます。
乗っかりませんかぁ〜 



WIN OR LOSE? vol,12  HEADS OR TAILS? PRESENTS




出演 COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON
  
Operators(COOL WISE MAN Rhythm Section)

オープニングアクト ワイラーズ


セレクター yomoji,ARAI


日程 2010年 10月11日(月,祭)

会場 倉敷REDBOX

料金 前売り¥3,500 当日¥4,000 (共に1ドリンク別)

開場 18:30 開演 19:00

エディ・タンタン・ソーントン
Tantan

タンタンのニックネームで世界中の人々に親しまれ続ける天才トランペッター。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、ジミ・ヘンドリックス、ロッド・スチュワート、アスワド等共演したバンドは数知れず。
ジャマイカ生まれの彼は、スカタライツを輩出した事で知られるアルファ・スクールで学ぶ。ドン・ドラモンドやトミィ・マクックらは同期。自身名義としてのアルバムは数枚だが、関わったセッションは星の数に匹敵する。
最近では、スカ・クバーノやトロージャンズの1員として精力的に活動中であり、正に生きる伝説である。
音楽を楽しむという事を伝えてくれる。この意味は観れば解ります!


クール・ワイズ・マン

Cool_wise_man_2

http://www.one-dee.com/cwm/profile/index.html

1993年結成。SKAの”におい”を奏でる稀有のバンド。スカ、カリプソ、ロック・ステディ、ダブ、ルー ツ・レゲエ等オール・ジャマイカン・ミュージックにコミットするキラーかつダンサブルな独自の音楽性でシーンを牽引中。デリンジャー 、リコ・ロドリゲス、 ロイ・エリス等ジャマイカン・レジェント達との共演、共作も多数。07年にはリコとのJAPAN TOUR DVD "RICO RODRIGUEZ meets COOL WISE MEN"をリリース。ライヴ活動においてもFUJI ROCK FESTIVAL, ASAGIRI JAM, SUNSET LIVE, BIG DAY OUTなど国内外のフェスティヴァルにも多数出演
2008年は、オーストラリア縦断野外FESTIVAL BIG DAY OUT‘08にエディ・タンタン・ソーントンと共に出演し、海外でも賞賛を浴びる。
彼等の存在は今後のシーンのポテンシャルとして目が離せない!

オペレーターズ

Operators

クール・ワイズ・マンのリズムセクションかを中心に2010年に結成。 レゲエ、ソウル、ジャズ、ロック、そしてもちろんスカの要素を散りばめた楽曲とフリーセッション的なステージを絶賛展開中!!
PCI MUSIC INC.からは、ジャパニーズ・ロックをスカ、レゲエアレンジでカバーしたアルバム
「ONESTEP PIECE」paformance by Operators 8/4に発売。
KNCA-12005 / 2,100 [incl.tax]
クール・ワイズ・マンとはひと味ちがったサウンドをご賞味あれ!

ワイラーズ

Photo

http://www14.plala.or.jp/kurabiru/  
今年で結成7年目を迎える倉敷ローカル スカバンド
倉敷をこよなく愛するメンバーによって、のんびりと活動を続けている。
過去には タツミアキラ アンド ザ ライムス、カセットコンロス、
ザ リトル エレファント、ブリッジ スタイルなどと共演をはたす。
オーセンティック・スカを大好物とするも最近はそれ以外のジャンルにも挑戦中!
未完成で発展途上中だが 着々と力をつけつつある彼ら
今後どのように進化していくか?乞うご期待!

問合せ先

HEADS OR TAILS?  TEL 086-426-0699     http://www.heads-or-tails2004.com/
REDBOX  TEL 086-421-3929    http://www.http://www.studio-redbox.com/




このイベントの事を言いたくて、伝えたくて、我慢出来ずの早めの告知です。

伝説のトランペッター「エディ・タンタン・ソーントン」と
今や日本スカ界の代表と言っても過言ではないまでに成長をとげた
「クール ワイズ マン」の夢の公演が倉敷で!!

一昨年、COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON
を大阪に観に行き感動。
この度、まさか!の倉敷公演!!

Operatorsは観るのは自身も初めてとなります。
ライヴに行こうと何度か試みましたが、時間作れず…。
音源として出されてるCD-Rは大好評、こちらも、まさかの倉敷公演!!

倉敷のレゲエ風スカバンド?のワイラーズ
メンバーの中には、まさか!の病に犯された人もいます。
波にのまれるのではなく、波を乗り越えて欲しいとの想いが自身の中で有ります。
彼らならやってくれるハズ、更なる進化を乞うご期待!!

そして今回のセレクターは「WIN OR LOSE?」レギュラー?
ARAI氏と尾道Easy Skankin'のボス、yomoji氏が参戦。
まさか!という掛け合いをするのか?しないのか?? 楽しみです!!

今回は特に色々な想いが詰まった「WIN OR LOSE?」となりました。
2010年10月11日(月、際)体育の日
良き運動会が出来そうです♪

| | コメント (0)

こうゆう音がお好みです。

昨夜、倉敷のとあるサックスプレーヤーと「音」について話した。
だよね〜だったり、なるほど!だったりで楽しかった。

色んな音があり、色んな人がいる。
当然、好き嫌いも人それぞれ

ワタクシ事だが、聴かず嫌いは勿体無いから人から良いと聞いた音も探り
知れば知る程に「最高」と思える「音」も少なくなってきて…
ジャンルで聞いてる訳ではないのですが
「良い音」ってあるよね〜

何気に検索 これは最高です♪

上手いとかヘタとか楽器がひけない自身には正直、解りません。
(このyoutubeに出て来る方々は間違いなくスペシャルです。)
ただ こんな音出るんだ〜 凄いと!

良き音(悪い音になるのか?)に触れたい今日この頃
何か有れば教えて下さい。

| | コメント (0)

気になる音

最近、ライブに行けてません。

よってyoutubeにてあれこれ検索
当然の事ながら生に勝てる訳ないのですが…

自身がまだ見た事が無く、特に気になるのがコチラ

icchie SPECIAL SESSION BAND

元DETERMINATIONS、COOL WISE MANのサポートメンバーや
様々なシーンで活躍するicchie氏 音質が大好きです♪
icchie SPECIAL SESSION BAND 
プログラムミング,tbで参加するyossy Little Noise Weaver
ソロとしても気になる存在
いつの日か…
icchie HP >>> http://www.busrecords.net/icchie/

COOL WISE MANのリズム隊から成るバンド、オペレーターズ

COOL WISE MANとはひと味違った音の構成で
これからどうなって行くんだろう?と良い意味で先が楽しみです♪
自身にとってはコレ!この音と思える心地良いリズム
倉敷来てくれないかな〜とか言ってみようかな☆
COOL WISE MAN blog >>> http://cwm.jugem.jp/

2月27日、倉敷での光風 & GREEN MASSIVEのライヴの際
飛び入りで一曲、歌ってくれた kei氏
彼女がボーカルを務めるバンド    AFNICA

ジャズをベースにロックやダブ、ドラムンベース、レゲエなど枠に囚われず様々な心象や情景を映し出す。(紹介文の一部です。)
生はかなり良さそうだ♪

AFNICAは5月に岡山に来ますよ☆
日時が近づいたら、改めて紹介させて頂きます。
AFNICA HP >>> http://www.afnica.com/top.html


あくまでも まだライヴを観た事がないバンドのみをあげました。
他にも気になる音は有るのですが長くなるので この辺で

皆様方に中にもコレを聞いて欲しいという音はある事でしょう♪
何か?良さげな音が有れば色々と教えて頂ければ喜びます☆

では、これにて ドロン

| | コメント (0)

「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」

まず、お礼から言わせて下さい
2月27日「土」REDBOXにご来店下さった方々
そして「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」
に関わってくれた全ての皆様、ありがとうございました♪
心より感謝申し上げます。 

 

内容を書かせて下さいね

オープニングアクトを務めてくれたのが この2人
43522442_506356286
SETOUTI ONE ROCKERS」&「ARAI
入場した際に重要なのは雰囲気作り
だから誰でも良い訳ではなく、この2人を信頼してるからこそ頼みます。
期待以上に楽しめるセレクト、今後も頼みたいと思います☆
途中「Michael」に変わり、しばらくしてから
スペシャルなオーディエンスがステージに
Dscn6675
KOHDAI」(FROM B:RIDGEstyle)
「EL SKUNK DI YAWDIE」の後輩として応援
「光風 & GREEN MASSIVE」の友としてサポート
倉敷を愛する 一人のアーティストとして一曲歌ってくれました。

 

そして「EL SKUNK DI YAWDIE」の登場です。
Dscn6678 Dscn6679_2
度肝を抜かれた方も多いかと! 自身もその中の一人です
前方で観ていたのですが、曲が終わる度に「すげ〜」「かっこいい」
などの声が飛び交い、途中サポートとして呼ばれたのが
光風 & GREEN MASSIVE
のベーシスト「MAH」ギターリスト「KGKB
Dscn6682
当然の事かのごとく、会場はさらにヒートアップ
EL SKUNK DI YAWDIEマネージャーもステージへ
Dscn6690
クラッ クラッ クラッ て歌ってました。おそらく倉敷のクラッ?
ハチャメチャで笑えました。

EL SKUNK DI YAWDIEいろんなアーティストを使いたい放題
光風氏、KOHDAI氏、そして まさかの倉敷おこしまさあき」までもが
ステージで歌ってました。。

色々な方々を巻き込み即興でのアレンジは技術が有るから出来る技
EL SKUNK DI YAWDIE今後ますます目が離せません

再び、セレクタータイムが訪れ
まさあき」と「Michael」が回します。
Dscn6699 Dscn6669
元同居人の事もあり息もピッタリ!
レゲエ、ヒップホップ等を中心にセレクト
「Michael」とは始めて会ったのですが非常に人としても尊敬出来る人物
人に優しく、時には厳しく…音は人柄が表れると自身は思うのですが
セレクターも音に出るのか?と思ったアツいチョイスでした☆

いよいよ「光風 & GREEN MASSIVE」の登場です。
Dscn6715 Dscn6658
Dscn6713 Dscn6717
「WIN OR LOSE? vol,10」にも出演して頂いたのですが
格段にカッコ良くなってました!
音の重なりを減らしシャープに
各パートの持ち味が際立って聴こえ、より一段 魂に響く音へと変貌!!
3ヶ月でここまで変わる? 
リハの段階でビックリしましたが、本番はさらに!!!

光風 & GREEN MASSIVE」にも様々なアーティストが加わり
Dscn6726
コチラはジャズをベースにロックやダブ、レゲエ等
枠に捕われず様々な情景を作り出すバンドとして知られる
AFNICA」のボーカリスト Kei氏
今回の出演者としては紅一点 華をそえて頂きました☆

他にもEL SKUNK DI YAWDIEshow441(Vo&G)KATUSI(Cajon&Dr)
KOHDAI氏や広島のスカバンド「Niftys」のトランペッター岩田氏
が加わったりと良い意味でのやりたい放題
Dscn6728 Dscn6693

ラストはジャマイカンミュージックファンにはたまらない歌
MONKEY MAN」を出演者全員で奏でました♪
スカやレゲエ…様々な音が入り乱れてのセッション大会
Dscn6736_2    
この日の倉敷は「豪華絢爛」という言葉がピッタリでした☆

この日に一番心に響いた言葉 それは
「倉敷おこしとHEADSの戦いらしいけど、音楽は戦いじゃねーぞ」
という光風氏がステージ上から放った 優しく強い言葉でした。

「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」
主催者が共にバカなもんで…
喧嘩しないと心から解り合えない
尊敬してるから対決をしたくなる…本当にバカだよね!
(めんどくさくて申し訳ないです。)
が、今回も楽しかったし倉敷おこしが更に好きになりました☆
一緒にしないとこのメンツは集まらないし
喜びや楽しさを分ち合えるキャパも増えました。

 

この場を借りて
まさあき、最高やぞ そして、ありがとう

物販してくれた「ゆうぞう君
スタッフとして動いてくれた「あやちゃん
急な呼びかけで経理をして頂いた「えりちゃん
アナタ達が動いてくれたお陰で楽しめました。
ありがとう

この他にも様々な方々からサポートを頂きまして、ありがとうございました

 

多くの方に助けられ多くの笑顔で支えられ…
イベントはみんなで作るモノ
楽しい時間を作ってくれてありがとう☆

お詫びもございまして、タイムスケジュールが大幅に遅れて
電車等でご来店して頂いたお客様やイベント後に用事等が有り
最後まで観戦出来なかった方もいらっしゃいました
申し訳ございません。
次回はこのような事のないように改善致します。

その事のお詫びと来れなかった方々に喜んで頂けるように
近日「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」の上映会を開催しようと思います。
が、ただの上映会では面白くないとの思いから
ドレスコードは「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」Tシャツ着用
サークルみたいで楽しそうでしょ♪
若干ですが当店にTシャツ有りまして
上映会に参戦するので有れば¥2,500のところを¥2,000で
販売しようと思います。

 

ライヴ音源も販売する予定(¥1,000)なので
参戦したい方はメッセージ等お願いします。
日時は決まり次第、発表させて頂きます☆

ライヴを最後まで観た方はもう一回、楽しみましょう☆
途中で帰らなくてはならなかった。もしくは、ライヴ自体来れなかった方
チャンスを下さい。 それほどまでに良きライヴだったんです☆

楽しみの連鎖を繋げましょう♪

最後にもう一言だけ書かせて下さい。
皆様、楽しみと笑顔をありがとう

| | コメント (0)

サポーター

いよいよです♪
Photo
楽しみで嬉しくて毎回、イベント前には日記を書きたくなるんですよね〜

今回の出演バンドとして『EL SKUNK DI YAWDIE
EL SKUNKなんと中国、四国、九州全てひっくるめて初上陸!!!
今まで大阪止まりだったエルスカがついに壁を破ります。
あの複合型書店ヴィレッジヴァンガードも押しているバンドで
今後、ますます目が離せません!

おさらいとして

自身、衝撃を憶えた音の構成
ギターとカフォンがおりなす最小限にして多彩な演出
youtubeなんて参考程度、生で聴くチャンスを見逃すな!!

光風 & GREEN MASSIVE
今や引っ張りだこの このバンド
前回の WIN OR LOSE?でも評価が高く、音源も即完売
どういう意味か解りますよね〜 それ位、良かったという事です!

おさらいとして

この歌が自身はお気に入りで♪ が、曲名が解りませぬ。。
今回も歌ってくれるハズ☆
魂を揺すぶられる感覚で歌声も音として入ってきます。
ユルく悪く優しく強く心地良い極上なサウンド
観た方は解りますよね! 見逃して後悔するのはアナタです!!

こんな暑くて注目されているバンドに付け加えて、お客も豪華
Mr.KOHDAI』&『Mr.kan.cam』(FROM B:RIDGEstyle)

あくまでも実費で観戦。歌うかどうか?すら解りません。。
それでも東京から倉敷に来る意味もあると捉えてくれたから
倉敷を愛し なおかつ、このイベントがヤバいと感じたから
そんなイベント、都心でもなかなか無い。
まさに倉敷マジックです。

時:2010年2月27日(土)
場所:倉敷REDBOX
OPEN19:00

Special Guest
『EL SKUNK DI YAWDIE』 『光風 & GREEN MASSIVE』

D.J
『MICHAEL』 『AKIRA』『ARAI』『MASAAKI』←倉敷おこし筆頭

Special客
『KOHDAI』 『kan.cam』

前売り¥3,000 当日¥3,500(共にドリンク別)
大箱だから前売りチケットまだ大丈夫。


そう言えば昨夜、MUSIC BAR[古音屋]に飲みに行きました。
チケットインフォには記入されてはいませんが
チケットを取り扱ってくれているのでお礼がてら飲みに
入るなり「チケットが売り切れたので、あと6枚有りますか?」
と店長?のヒロシ氏から問い合わせ。
そこに居合わせたお客さんと合わせて、7枚その場で売れて…
(この場を借りて、ヒロシ氏 ありがとうです♪)

MUSIC BAR[古音屋]
岡山県 倉敷市 阿知2-3-10 2F 086-425-3551

詳しくは→http://o-oshaten.com/modules/salon/singlelink.php?lid=146

ココの音響設備は最高です。
音楽好きな方、お薦め致します♫

その他にもサポートして頂いてるお店として
コチラでもチケットをお買い求め出来ます。

REDBOX 086-421-3929(12:00-)
FOURCOLLECTION 086-427-9669(12:00-) 
Bar DOOBY 086−424−0043(21:00-)
ジャンゴ 086-423-1990(18:00-)
HEADS OR TAILS? 086-426-0699(11:00-)

※当日のお引渡し
イベント前日までにREDBOX 086-421-3939までご連絡ください。
前売りチケットをお取り置きしておきます。
当日、受付にて受け取ることが可能です。


上に挙げた以外にも様々なサポーターが存在し
本当に有難い事で有ると同時に心強く思います。

さ〜 後は皆様のサポートを待つのみ
来なきゃ損をさせてしまうと思うからココまで書くんです。
共に倉敷伝説を築き上げましょうぞ
健闘をお祈り致します☆

PS、イベント当日の HEADS OR TAILS?は
19:00閉店 翌日28日は18:00閉店とさせて頂きます。

長くなったので内容は明日、改めて☆

| | コメント (0)

アツい夜

「WIN OR LOSE?」VS「倉敷おこし」まで後少し

Photo_2 00
自身も知らなかった全貌が明らかに!!

WIN OR LOSE?」サイドのセレクターを務めるのが
レギュラーとも言える この2人
40909495_140186969s_2
SETOUTI ONE ROCKERSこと「AKIRA」と「ARAI」
絶対的信頼がある彼らを今回も抜擢

倉敷おこし」サイドのセレクターを務めるのは
41146907_2046541985
倉敷おこし筆頭「まさあき」と彼の大阪時代のREGGAE BARの先輩
「Michael」

(写真はかなり古いモノ、何故ハダカなのかは不明。)
まさあき氏の変態ぶりと来たら、それはもう…
そんな彼の先輩って普通な訳が無く…乞うご期待♪

 

そして自身も一昨日知った事としてこの2人も
1418761897_16_2 1418761897_172
「KOHDAI」&「kan.cam」(FROM B:RIDGEstyle)
この2人はあくまで客としてプライベートで来るらしい
どれだけ「倉敷おこし」そして、倉敷を好きなのか!とビックリ!!
金で動くは多かれど愛で動くは少ないこの時代(昭和だなぁ〜)
こんな大バカものが自身は大好きです♪
ステージに上がるのか?は未定。
皆様の盛り上がり次第では…?

彼らは「EL SKUNK DI YAWDIE」の後輩にあたるらしく
「倉敷おこし」サイドの応援としてなのだが
実は「光風 & GREEN MASSIVE」との交流も深く
ドラムの「kan.cam」は「光風 & GREEN MASSIVE」
結成に携わった人物だったりボーカルの「KOHDAI」もまた
セッションライヴ?で携わったりと…

それがコチラ


いったいどっちのサポートなのか?
敵味方関係なく、アツい夜になる事間違い無し!!
これでもか!と言わんばかりのお祭りです♪

前売り¥3,000 当日¥3,500(共にドリンク別)


お買い求めはこちら
REDBOX 086-421-3929(12:00-)
FOURCOLLECTION 086-427-9669(12:00-) 
Bar DOOBY 086−424−0043(21:00-)
ジャンゴ 086-423-1990(18:00-)
HEADS OR TAILS? 086-426-0699(12:00-)

※当日のお引渡し
イベント前日までにREDBOX 086-421-3939までご連絡ください。
前売りチケットをお取り置きしておきます。
当日、受付にて受け取ることが可能です。


そして「光風 & GREEN MASSIVE」のライヴは翌日、津山でも開催
1403935120_65_2
MAZUME presents 宵SOUND vol.1


2010.2.28(SUN) OPEN 7:30 START 8:30
前売り¥2500(1ドリンク)  当日¥3000(1ドリンク)
お問い合わせは mazumeまで 
MAZUME0868−22−8280


コチラは自身も参戦します♪

 

そして28日は、もしかすると倉敷では「KOHDAI」&「kan.cam」
ミニライヴが有るかも

決まり次第、この日記にて発表致します☆

祭りの準備は整いました。
後は皆様の心意気のみ!
いやいやアツい月末、思う存分楽しみましょう♪

| | コメント (0)

ポスターフライヤー共に完成 勝つのはどっちだ!!

昨日はお店を少し早めに閉めて
B-Tree NEW YEAR PRESENTS  KGM CARAMELISE TOUR
に行ってきました

 

ステージは2部構成になっており、1部はユルーい曲が中心で
先方のお客さんが座って観戦
Dscn6382
何故だか? 倉敷勢、津山勢とライヴでよく見かけるメンツは
全員スタンディング なんか笑えました

2部は曲もアッパーで勿論全員スタンディング、よって写真は撮れず… 
(オーガナイザーのシモ氏 お疲れ様でした そしてありがとです♪)

 

この日、KGMのサポートメンバーだったのがカホン奏者のKATUCHI氏
Dscn6389 31vubvcuirl_ss400_
カホン恐るべし シンプルな作りからは想像出来ないほどに多彩で
生はやっぱりヤバかった!

カホン(Cajón)とは
南米・ペルーが発祥といわれる打楽器(体鳴楽器)の一種。
スペイン語で箱を意味し、フラメンコの躍動感溢れるリズムアンサンブル
の土台を支える打楽器としてその名を知られるようになったカホンは
今では、あらゆる音楽ジャンルの演奏に使用され世界中で多くの人々に
愛されています。 外観は「ただの木箱」その上に座り、「素手で叩く」
という何ともシンプルな打楽器。

詳しくは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9B%E3%83%B3

 

KATUCHI氏EL SKUNK DI YAWDIE(エルスカンクディヤーディ)
メンバーで、2月27日(土)に開催する
「倉敷おこし」 VS 「WIN OR LOSE?」が楽しみになりました〜
Photo

 

ポスター A2(420×594)
43522442_13667678221 00
フライヤー B5(182× 257)が完成です(遅!!)
今回は共にいつもより大きめサイズ
大きさの分、期待して頂きたいという事です♪

さて、改めてご紹介
倉敷おこしチーム「EL SKUNK DI YAWDIE

細かな説明はあえて書きません(今日は)
色んなジャンルの音が入り乱れての楽しい音です♪
今回は対決という事なのですが敵ながらあっぱれなかっこ良さ☆

 

ますます張り合いがあるというモノです。

対するは WIN OR LOSE?チーム「光風 & GREEN MASSIVE

歌モノがあまり得意ではない自身の中でまれに響く音があり…
光風 & GREEN MASSIVEのルード感がたまりません
ライヴを観た事の有る方ならば解りますよね☆
なんだかとっても心地良くて 悪くて強くて、それでいて優しくて
ジャマイカンミュージックという区切りでの歌ものでは最強かと

さぁ〜 
「倉敷おこし VS WIN OR LOSE? vol,11」
勝つのはどっちだ?

観戦チケット好評発売中
前売り¥3,000 当日¥3,500 (共にドリンク別)


お誘い合わせの上ふるって参戦お願い致します♪

| | コメント (0)

OSAKA SKANKIN'NIGHT 13th Anniversary

このイベント、アツいです♪
47911007_46_5

 

OSAKA SKANKIN'NIGHT 13th Anniversary

12/20(SUN)@NOON
OPEN 17:00〜CLOSE 23:00
(LIVE START 19:00〜)
ADV 2500yen/DOOR 3000yen(Both W1D)

注目すべきはやはり
icchie SPECIAL SESSION BAND(from Tokyo)
feat...TATSUMI AKIRA

自身の愛するトロンボーン奏者 icchie氏
孤高のアルトサックスプレーヤー巽朗氏
元 デタミネーションズのキーボードプレーヤーyossy氏
etc…  まさに夢の共演


大阪なんて近いもんです。
高速道路も安い事だし、相乗りで行けばさらにお得。
滅多に観る事が出来ない…もう観れない可能性の方が高い組み合わせです!

詳しくは→http://www.skankin.info

 

とは言え、ワタクシも仕事の都合であえなく断念。
が、皆さんに楽しんで頂きたいし、観る価値のあるイベントです♪

行った方が居るので有ればお土産話、楽しみにしてま〜す☆

さてと クリスマスまで後少し、大阪に行きたい思いを胸に潜め
代わりに仕事を楽しみながら皆様の笑顔をお待ちしております♪

                             おしまい。

| | コメント (0)

「THE DRAKE TONES」入荷しました♪

ヤバいです。 この7インチ 36001233_3570803581

 

京都 オーセンティック スカバンド「THE DRAKE TONES
のモノでして、内容は非常に良し♪
あまり流通してない音源でライヴに行かないと入手困難。
もちろん、通常のレコード店でも手に入りませんよ〜

せっかくの良き音源なのに勿体無い…という事で当店で取り扱います♪

この「THE DRAKE TONES
http://www.draketones.info/
WIN  OR  LOSE?  vol,10で出演して頂いた「THREE  SEVEN」の
テナーサックス プレーヤー杉原氏から良いバンドと紹介され
ワタクシ自身がもっとも尊敬し、敬愛しているトロンボーン奏者からも
真摯な演奏で大好きとも言われるほど!! この言葉に自身もビックリ

価格は税込み¥1,000 となります。


こちらも好評発売中☆ 
COOL  WISE  MAN  4年ぶりの7インチ発売    税込み¥1,000  40544814_2870692162_2

 

A sideは『RUNDOWN』の1曲に収録のKiller tune『Chese The Feel』
B sideはLikkle MaiとCOOL WISE MANのHappy tune『Melody Life』

今だけサービス ホイッスル付いてきます♪

日本生まれのジャマイカン・ミュージックをご賞味あれぴかぴか(新しい)


                            おしまい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧